ゆとりのある運転を

初心を忘れずに運転をするポイントの三つめは、ゆとりをもって運転をするということです。
初心者の頃には余裕をもって運転していたポイントが、慣れてくると危険な運転をしているという方もいますので、こうしたポイントに注意して日頃から運転をするように心がけてみてください。

まず一つ目は、車間距離についてです。
運転に慣れてくると前の車との車間距離を詰めて運転するという方は多くなりますが、その運転は追突事故に繋がる恐れがあるため非常に危険です。出来るだけ運転の際には、前の車との車間距離を広めにとって、余裕ある運転を心がけましょう。

二つ目は、時間に余裕のある運転をするということです。
運転に慣れていないうちは早めに家を出ていたという方も、運転に慣れてくると、多少飛ばせば間に合うという時間に出発する方が多いと言われています。時間に余裕がないと心にも余裕がなくなり、運転にミスが出やすいですので、交通事故を引き起こしてしまわないためにも、出来るだけ余裕のある時間に出発するように心がけてみてください。

このように、交通事故を防ぐためには、何事も初心を忘れずに、丁寧で、慎重な運転を心がけることが大切だといえるでしょう。