何事も確認を

初心を忘れずに運転するポイントの二つ目は、何事もしっかりと確認をするという点です。
例えば、このような点を運転中に確認することで、交通事故を防ぐことが出来るといえるでしょう。

一つ目は、標識の確認です。
止まれの標識や制限速度の標識、一方通行や進入禁止など、標識をよく確認しないと、大きな交通事故を引き起こしてしまう可能性があります。特に、一方通行の場合は、気が付かずに入ってしまった場合、前から来た車と正面衝突してしまう恐れがありますので、非常に危険といえるでしょう。
標識はよく確認を行い、運転するように心がけてみてください。

二つ目は、見通しの悪い交差点に出る際の確認です。
たとえ一時停止の標識がない場合でも、こちらが道路に出た瞬間に、一時停止無視をした車や、急に飛び出してきた子供などをはねてしまう可能性があります。見通しが悪いところでは必ず止まるように心がけ、確認をしてから出るように心がけましょう。

このように、運転をする際には何かと確認を行うように心がけ、慎重に運転することが大切です。初心を忘れずに、何が起こっても大丈夫なように、運転をする際には、一にも二にも確認を行うように心がけてみてください。