スピードに注意

交通事故を防ぐためには初心を忘れないようにすることが大切ですが、その中の一つである、スピードの出しすぎに注意という点に関してご説明します。

運転に慣れてきてしまうとドライバーの多くは、制限速度を守らずに、制限速度を守るのは警察の目があるときだけというようなスタンスで、運転をするようになる方が多いといわれています。ですが、制限速度というものは、意味があってつけられているものですので、順守しないと大きな交通事故に繋がってしまう恐れがあるといえるでしょう。

例えば、急な下り坂や曲がり角など、スピードがついつい出すぎてしまう所や、運転操作を誤ると、壁に激突してしまいかねないような場所など、スピードを出しすぎると大きな交通事故に繋がる恐れがある場所など、制限速度を守らないと、非常に危険だといえるでしょう。

また、見通しが悪い交差点や、子供が多く通る通学路など、急に飛び出しがある可能性が高い道路では、制限速度を順守しないと、人身事故に繋がってしまう恐れが高く、死亡事故に繋がる恐れもあるといえるでしょう。

このように、制限速度を順守しないことで起こってしまう交通事故は多く存在しますので、初心を忘れずに、制限速度を確認するようにしてください。